開発環境

SML/NJ のインストールと使い方

このサイトでは,Standard ML のインタプリタとして比較的よく使われている(と思われる)Standard ML for New Jersey (SML/NJ) を開発環境として利用します。

SML/NJ は以下のサイトからダウンロードできます。

インストールの仕方については,上記サイトの指示に従ってください。

ちなみに,Debian 系のディストリビューションであれば,以下のコマンドだけでインストールできます。

% sudo apt-get install smlnj

SML/NJ を立ち上げるには,端末で sml と打ちます。

% sml
Standard ML of New Jersey v110.76 [built: Sun Jul 14 09:59:19 2013]
-

いろんな式を評価してみましょう。

- 2 + 3;
val it = 5 : int

- 1 + 2 * 3;
val it = 7 : int

対話環境を終了するには,EOF を入力します. UNIX では Ctrl+D, Windows では Ctrl+Z (Ctrl+Z に続いて改行を入力) で終了できます.

対話環境で実行中の処理を中断したいときには Ctrl+C を押します。

その他の処理系

Standard ML の処理系は SML/NJ 以外にもたくさんあります。 下記のサイトで,いくつかの処理系が紹介されています。